お墓を建てる際には洋型のものをチョイスするという手もあるのです。最近では数多くのタイプのお墓が揃っていて、それらの中でも評判が高いのが洋風のものとなります。中高年の人達は和型の商品をチョイスする傾向となっていますが、若年層は結構洋風の商品を選択する傾向にあります。
我が国では宗派がないことがほとんどで、親御さんから墓石を継承しない人の中にはどのようにして墓石を作ればいいのかを知らない人も多いと思いますが、そういう場合には墓石のプロである墓石屋さんに相談すればいいのです。近頃ではいろいろな形状の製品が用意されていて、好みのものをチョイスすればよくなっています。
意外と歴史の長くない墓石です。そもそも日本の国内には存在しなかった文化ですが、平安時代になって仏教文化の伝来と共に墓石の文化も誕生しました。ですが、庶民まで墓石を立てるようになった時期はもっと下った江戸時代です。補足ですが最近の洋式の低い墓石が現れたのは太平洋戦争以降です。

ペットを供養する時にはいろいろな方法が用意されていますが、この頃は可愛いペットの供養のためにお墓を購入する方々が増えています。ペット専用の墓石は人のものに比べてそれほどまで金額も高くないので、安く買うことが可能なこともあり、ますます建てる人が多くなってきています。
大ざっぱに分類した場合、墓石作りに必要となってくるお金は3種類になります。墓石の費用に加えて墓地の永代使用料、管理費の3種類になります。さらに墓石本体の費用も3つに分かれており、石のお金、柵などの付属品の費用、施工料の3つです。こうした費用を総計し墓石全ての代金が出てきます。
素人には墓石に利用される石の材質などはっきり言って区別が不可能かもしれませんが、実際の石はざっくりと分類すると3通りに分けられます。溶岩が冷えて固まった火成岩、海の底に積もって水圧で固まった堆積岩、高温や高圧で生まれる変成岩の3種類です。どの石ももっと分類できますが、ざっくりと説明するとその3種です。

墓石とはぼせきやはかいしという2通りの読みがあります。どっちの読みでも問題ないですが、いずれによせ誰かのお墓があると後世の人に伝え残すための目印となる石が墓石になります。石ではなく木の棒で代用されている場合もあります。主な目的は故人の墓地の場所を知らせる目的で存在しているのです。
一口で和風の墓石と言ったとしても、そのタイプは数え切れない程あります。知っている人も多いと思いますが、高いお墓だと何百万円するものも数多く、その中には何千万円もする墓石も存在していて、それに対して安価なものでは工事費も含めて50万円もしないで買える商品も近頃では数多く販売されているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です