墓地と石材店の関係

どの場所にお墓を建てるかで、必然的に墓石のサイズは決まってきます。もちろん墓石には既製の大きさがあるので、墓石屋さんと打ち合わせて希望するサイズのものを選んで下さい。もし大きいお墓にしたい時には、いくらでもサイズを変更することができるようになっています。
気に入った墓石を選ぶというのみならず、耐震のことも十分に考えて墓石を建てるようにしましょう。それぞれの業者で基礎工事の手法が違うので、確実に耐震対策してくれるところに頼むようにするのは一番重要な業者を決めるポイントです。安いという理由だけでチョイスしないようにして下さい。
基本的に長男以外は墓石を自分で作らなければなりません。結局ほとんどの方がお墓作りの素人にすぎないため、いろいろな失敗を繰り返してします。例えば墓地を決めて、その墓地に自分で探してきた墓石業者を利用し墓石を立てようとして拒否されたなど、いろいろな失敗が起こってきます。悩んだらプロに相談をした方がいいです。

お墓の石は原則的に丈夫なので、1、2年で倒壊してしまうといった話は通常は無いですが、墓石本体と基礎の部分の境目などに使われるセメント系接着剤は10年ほどで劣化します。補修をしないままだと倒壊の危険性も出てきます。ちなみに近年ではセメント系接着素材よりも劣化が遅めの新接着剤も出ています。
まれに回収した墓石を山林に不法投棄して廃棄物処理法違反で捕まる回収業者が存在します。こうした業者は例外的ですが、基本的に不必要になったお墓の石は、専用業者が回収し、木っ端みじんにして工事現場などで再利用します。当然引き取る前は魂を抜き去る法要が行なわれるので、たたりなどは大丈夫です。
墓石、あるいは墓地探しで成功をしたいなら、その道の専門家の助言を初めから仰いだ方がいいです。具体的には現在は墓石ディレクターといった職業の人が存在します。その手の専門家に多少の経費を支払ってでもサポートを依頼した方が、最終的に総額を見ると安くまとまります。

値の張る墓石を持っている場合においては、相続税が気に病む人達も多いと推測されますが、お墓に対しては相続税というものはかからないので安心です。それでも親などが死んだ場合においては、墓石が置いてあるところにその報告をしなければいけないので、しっかり忘れないように必ず実行するようにして下さい。
代々継承されてきた墓石が汚くなってぼちぼち新しくしようかと考えている人も大勢いることだと推測されます。しかし墓石は修理することで思いのほか汚れが取れるケースもあり、そうなると大きく出費を抑えるということが可能になるので、是非石材店などに聞いてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です